「ほっ」と。キャンペーン

お笑い系4にゃんずと   猫ばか飼い主の京都生活       インテリア雑貨、アンティーク、食べ物の話もありです♪   コメントいただけたらうれしいです。


by pastel-ko
カレンダー

<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 
『にゃんカフェBBS』

この日前回書いたコッツウォルズのマナーハウスを出発し
バスで向かったのは最終目的地ロンドン!

バスで2時間半ほどのドライブで到着。
ちなみに高速道路はどうも無料のようでしたよ!!

ロンドンに到着し、まず訪れたのは大英博物館。
なんとここも無料!!
イギリス人ってば、太っ腹やわ~

でも無料で入れるから、スリがうろうろしているから
手荷物に十分気をつけるように言われましたけどね‥

f0063729_13375226.jpg

          ↑ ラムセス2世の胸像

大英博物館は写真撮影もオッケー。
専門の日本人ガイドさんもついてくれました。
まずロゼッタストーンを見学し、ミイラの部屋へ。

f0063729_1338983.jpg


この猫のことについて詳しくガイドさんに聞きたかったのですが
この部屋はガイドが人を集めて話をしてはいけないという
部屋だったので、残念ながら聞けませんでした。

古代エジプトの人々は猫をとても大切にしており
女神バステトの化身として敬ったと聞いたことがあります。
その時代なのかなぁ?


しかし、そのガイドさん、別の部屋で
早口でしゃべるしゃべる!!
その内容はミイラの作り方~!!

ミイラを作れる(というかミイラになれる)のは基本的にお金持ちばかりなのですが
その中でも松・竹・梅の3コースがあり値段設定が違ったそうです。
で、コースによって目から脳みそを抜くとか鼻から脳みそを抜くとか‥

「ひえ~、今後作成する予定もないし、
そんなこともうええし~」って感じでした(汗)


そして、次に訪れたのはバッキンガム宮殿。

この日は宮殿の上に王室の旗が上がっていたので
エリザベス女王がご在宅とのこと~

f0063729_1358812.jpg



f0063729_13585441.jpg


    ↑ 人形のようですがほんとの衛兵さんたちです。
      決まられた時間になったら歩くんです~!!


衛兵交代式は一日おきということで、この日は見ることが
出来ませんでした。

実は20年前にロンドンを訪れたときも見れなかったんです‥



そしてそして、ランチの中華料理を食べた後、ツアーを途中離団して、念願の自由行動に!

娘と一緒にロンドンの街中を歩いたのですが、道を聞いたりした時
娘の英語が通じることに感動~!!
わたしは英語はちんぷんかんぷんなんですが娘は
イギリス人の言うことも理解できるみたいなんです!
ほんとに助かりました。

娘は英語が好きで、1年前の高校1年のときに英検の2級も合格していたのですが
ほんとに使えるなんて。
特に英会話スクールに通っているわけでもなく
学校ですばらしい先生にめぐりあえたことと、本人の努力で
こんなに英語がしゃべれるようになっていたんです~(涙)

というわけであしかけ3日間の自由行動、電車にもバスにも自由に乗れて
ロンドン市内を楽しむことができました。

f0063729_22172380.jpg



f0063729_14363520.jpg



そしてやっぱりここよね~

f0063729_1436860.jpg


ロンドンに到着して2日目に行った、ハロッズデパートです!

ここでは前からほしかった食器などを購入。
食料品のフロアーにはどーんと寿司のお店のカウンターがあり
大盛況だったのにはびっくりでした。

そしてこれも日本で入念に下調べをしてきたヴィトンのナイツブリッジ店に行き
以前からほしかったバッグをなど購入♪

なんと今ポンドのレートが安いので、日本で買ったら約15万円分が
10万円くらいなんです~!
日本人の店員さんもいて、安心して買い物できました。

ほんとはもっとほしいものがあったけど、娘が買い物している後ろで怒りモード!

「 ちょっと、お母さんどんだけ買うつもりやねんっ!
 日本を出る時、8日間の2人分の食費ゆうて2万円しか
 お父さんに置いていかへんかったん知ってんねんで!
 可哀相やと思わへんのっ?」

  うううっ、わかりました‥




そして3日目、念願のポートベローのアンティークマーケットへ。
ノッティングヒルという高級住宅街で土曜日におこなわれる
ストリートマーケットなんです。
朝早くから行ったのですが、いざというときにいくじがないわたし。

f0063729_14274834.jpg



アンティークでゲットしたのはたったひとつ。
お皿を一枚買っただけなんです‥

日本に帰ってきて、なんで買ってこなかったんだろうと
後悔したもの多数‥


f0063729_14272379.jpg




そしてロンドン3日目、ホテルを出発し、ヒースロー空港から日本への
帰国の途へついたのでした。


      *********************


日本に帰国して、お土産を出していると、猫たちがわらわら寄ってくる寄ってくる(笑)



f0063729_15541410.jpg

       ↑ パステル姉妹はいきなり姉妹喧嘩



f0063729_14432818.jpg




f0063729_14442775.jpg

      あまりのノエルの必死さに笑ってしまいました~




f0063729_14444110.jpg

      
     今までも女王陛下なみの扱いやったやんっ(笑)



   ♪ 1ヶ月近くもだらだらと旅日記を書いてしまいましたが
    皆さんお付き合いくださいましてありがとうございましたm(_)m
    今考えると、イギリスに行ったこと自体がなんだか夢だったような感覚です。
    ほんまに行ってきたんやろか‥?  ♪
[PR]
by pastel-ko | 2009-04-27 14:49 | 旅行
 
『にゃんカフェBBS』

コッツウォルズ地方でのホテルはマナーハウスに2連泊!
マナーハウスとは!!

 ♪ 領主の邸宅などを使用した宿泊施設で
   カントリーハウスとも呼ばれる。
   広い庭園に囲まれた豪華な施設も多い。
   館内には歴史ある家具調度が備えられ
   英国貴族の伝統を感じながら贅沢なひと時が過ごせる。♪

というもので、わたしたちはグローチェスターというところにある
マナーハウスに泊まりました。

f0063729_1447056.jpg

  建物の中はこんな感じです。


f0063729_1447177.jpg


窓から外を覗くと野うさぎが走り回っているんです!
さすがピーターラビットの国だわ~
リスを見た人もいましたが、わたしたちは野うさぎの他
雉と鹿を見かけましたよ。

f0063729_1452647.jpg


敷地内にいる牛たち。
他の牛たちはせっせと草を食べているのになぜか
この白い牛だけじーっとみつめてくるんです(汗)

翌朝ホテルのレストランでおいしいイングリッシュブレックファストを
いただき、コッツウォルズ観光へ出発!


コッツウォルズ地方はロンドンから車で2時間あまりの場所です。

何か特別すごいものがあるというわけではないところなのですが、
羊毛産業で栄えた昔に建てられた石造りの家並みが
そのまま残る、のどかで平和なイギリスの田舎です。

まずはイギリスで最も古い村といわれているカッスルクームへ。


f0063729_1545486.jpg

    ↑ この辺がこの村の中心地のようです。
      不思議なほど静かで、ほとんど人に出会わないんですけど~



f0063729_15143318.jpg

          ↑ とにかく寒い!
            着膨れてます。(ということにしといて~!!)


f0063729_157683.jpg

          ↑ ここはギャラリーで猫の絵を1枚ゲット♪ 




f0063729_1572498.jpg

          ひえ~っ、おうちの窓にこんなに猫が、と近づくと‥
 

f0063729_1574244.jpg


        クッションでした‥
        どんな猫好きさんが住んでるのかな~



次に向かったのはバイブリー。
ここはかつてこの地で暮らしたウイリアム・モリスが「イングランドで最も美しい村」と
賞賛し、こよなく愛した場所だそうです。

まずはやはりランチ!
今日のランチはイギリスといえばこれ、
「フィッシュ&チップス」です~

f0063729_15101927.jpg

       ↑ またまたかなりの量、乗ってます!!


f0063729_15103666.jpg

       ↑ デザート
        あっさりと炊いたりんごにクランブルとアイスクリームをかけたもの。
        これまでに食べ続けていたかなり甘いケーキに辟易していたわたしたちは
        あんまり甘くないことに感動!!

      
f0063729_1582485.jpg

    ↑  ランチをいただいたのはこのスワンホテル。
      1650年に創業した歴史あるホテルだそうです。
   



f0063729_1511019.jpg

     ↑ ランチの後は自由に村の中を散策することに。
       きれいな小川のほとりには鴨が体を休めていて
       ほんとにのどか。
       川には鱒がたくさん泳いでいました。
       黒鳥もいましたよ~


    
   
f0063729_16104729.jpg

     ↑ この旅で2番目に出会った猫。
      (といってもこの後出会ってないので最後でもありますが)
      人懐っこくて、すりすりしてくるんです~
      勝手に「エリザベス」と名づけさせていただきました(笑)

f0063729_159790.jpg

   こっちについてこいといわんばかりにわたしたちを誘導し、行き着いた先は
   村の外れの小さな教会でした。
   しかし、なんかお墓が庭にぽつぽつとある寂しいところ!
   しばし遊んだ後、エリザベスが帰っていったのはやっぱりお墓のほうでした(汗)
   日本だったらちょっと怖いけど、イギリスだとお墓までもがおしゃれに
   見えるんですよね~
   マイケルの「スリラー」みたいな感じ!!?
   エリザベス、お墓に住んでるんやろか‥?



 この後、ストウ・オン・ザ・ウォルドという町で30分だけ(何回も言うけど短すぎる)
 買い物をして、次に向かったのはバートン・オン・ザ・ウォーターという町です。
 ここはリトルベニスと言われる川沿いの美しい町なのですが
 かなり観光地化されている感じがしました。


f0063729_15153949.jpg

  ↑ ウィンドラッシュ川はきれいに整備され
    両側に素敵なお店がたち並んでいます。


      *******************

   わたしたち親子が大好きな服を着た猫のグッズを現地でいくつか
   買い込んできました。

f0063729_1629483.jpg


    そんなわけないっちゅうの‥




   ほんとにしつこく書き続けててすみませんが次回のロンドンで
   終わりますので、もう少しお付き合いくださいね。

   ♪ ごらん頂き、ありがとうございました ♪
[PR]
by pastel-ko | 2009-04-19 15:57 | 旅行
 
『にゃんカフェBBS』

前回紹介したセブンシスターズを後にした私達は
次の宿泊地ブライトンへ。

ここは海辺のリゾートタウンのようですが、私達は夕方到着して
ホテルで食事して、その後近くにあった大きなスーパーマーケットに行ってみた
だけなので、特にブログに載せるような写真がありません。
が、1泊目と違って大きくてちゃんとしたホテルだったので
安心しました~

そして翌日バスで向かったのは世界遺産ストーンヘンジ。

ここは、謎の古代遺跡なのですが、だだっぴろい草原に巨大な石が円形に
積み上げられてるところです。

f0063729_14592020.jpg



f0063729_14594126.jpg

     ↑ 見ず知らずの外国人の方々。スペイン人あたりかな?
       世界各国から観光客が押し寄せてる感じでした。

       フランス人のこどもらしき団体などが多く、
       「フランスの子ども会の遠足はイギリスか~!ええな~!
       日本ではありえへんやん!!わたしら、天橋立か姫路城やったわ」と
       思いながらフランス人を凝視してしまったり‥(汗)
        
       1時間近くも石を眺めているのはざすがに疲れるので、周りに
       いる外国人ウォッチングしかなかったんです‥

        
       正しい観光客はこうして各国語で説明してくれるイヤホンをつけて
       石の周りをまわります。
       チャンネルを99に合わせると日本語になるのですが
       係員の人はわたしたちにちゃんと「キュウジュウキュウ」って
       言ってくれました!
       さすがに99くらいは英語でええねんけど‥
       

f0063729_14582365.jpg

     さっぱりストーンヘンジに興味が沸かなかったわたしたち
     親子は近くに放牧されている羊を見てきゃーきゃー言っておりました~
     (だって非常に寒い中、またこんなところで1時間も時間とるんだもん。
      ほんとにな~んにもないとこなんですよ!)



  ↓ 今回の旅行中、移動の際バスの車窓から見える景色は、ず~っと
    こういう風景でした。
    なだらかな丘陵地が延々と続くのですがほとんど牧草地。
    畑がないっ!
    牧草地に、羊、馬、牛がいるだけ。人はあんまり見ませんでしたね~
    日本と違い、高い山がまったくないんです!

f0063729_1585448.jpg



f0063729_1592496.jpg

   ↑ 羊を見ると「ノエル元気かなぁ?」と口にしてしまうわたしたち。
     だって色がそっくりなんで‥
    

     ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

           ↓ バースの町
f0063729_15254923.jpg


そして、お昼ごろ、バースの町に到着~♪
ここは英国随一の温泉場で、2000年あまり前に古代ローマ人が
温泉保養場を開いたことで町ができ、
18世紀には鉱泉を飲む習慣が盛んになり貴族の社交場として
栄えたということです。
そして現在は町全体が世界遺産になっています。
優雅な雰囲気のすばらしい町でした。

ところで奥さん、このバース(bath)という町の名前が英語のお風呂(bath)
という単語の由来だって知ってた~??
あたしゃ知らんかったわ~!!ビバ、雑学~!!
 ↑ この町は全然期待してなかったのに行ってみたらすばらしい
   町だったので興奮気味ですみません。



f0063729_15283971.jpg


    ↑ まずはランチ!これはビーフシチューです。
      でもこの付け合せのマッシュポテトの量をみてください!
      日本ででてくる量の4倍くらいはあると思います~
      ビーフシチューはあんまり美味しくなかったけど
      最初にでてきたチャウダーがすごく美味しかったです。


f0063729_15224368.jpg

    ↑ 食事が終わったら町散策!
      このお店は昔イギリスで初めてブリオッシュというパンを
      焼いたサリーというひとのお店だそうです。
      現在も営業中!


      
    
f0063729_1528287.jpg

   ↑ すごく寒いのに桜が満開!日本の桜とは
     種類が違うんでしょうか??


f0063729_1529184.jpg

    ↑ これがローマ浴場跡です。
      ローマンバス博物館の中にありますが、
      鉄分が多くて入浴はできないそうです。


f0063729_15311088.jpg

    ↑ ローマンバス博物館の建物内にあるティールームでアフタヌーンティーを
      優雅に楽しむひとたち。
      私達はといえば、紙コップにいれた鉱泉を立ち飲みで1杯ずつ
      飲んだだけ~(有料です)
      それが、吐き出すほどまずい!この後バースを訪れる方、
      飲まないほうがいいですよ!
      鉱泉はええから紅茶飲ませてくれ~と
      叫びつつ退場‥

そして、なんとこの町はロンドンに次いでイギリスで2番目に
アンティークショップが多い町と聞いて、わくわくしたのも
つかのま、また自由時間がなく、添乗員さんに
「個人旅行でまたゆっくり来てください(にっこり)」
えーん。°・(>_<)・°。
毎日こればっかりやんか~


ということで翌日は1番期待していたコッツウォルズ地方に
いきま~す!

皆さんどうかもう少しお付き合いくださいね。


        *****************

f0063729_2256507.jpg


   おいおい、なんでそんな20年以上も前の阪神の選手
   知ってんねん!!
   いったいいくつやねん~


      
     ♪ ごらんいただきましてありがとうございました ♪
[PR]
by pastel-ko | 2009-04-13 22:35 | 旅行
 
『にゃんカフェBBS』


カンタベリーを後にして次に向かったのはライの街。

ライは港町で、中世の町並みが残るかわいらしい小さな町です。
南東イングランドで最も美しいところだそうですよ~


f0063729_1310299.jpg

      ↑ ライ駅

f0063729_14241848.jpg

    ↑  1156年創業の旅籠、マーメイド・イン (どんだけ古いねん!)
       英国王室、日本の皇族も宿泊した由緒あるホテルです。
       わたしたちは外から眺めて写真をとっただけですけどね‥




f0063729_13103075.jpg

     ↑ イギリスに来てはじめて猫に出会いました♪


f0063729_13103534.jpg

     ↑ 名札のようなものをつけていたので飼い猫なんでしょうね~
       白ソックスが可愛い~♪


f0063729_14154062.jpg

     ↑ この日のランチはこのお店で。


f0063729_14163336.jpg


     ↑  室内はこんな感じ。
       古い建物で天井がすごく低いんです!

f0063729_14201610.jpg

   ↑ これがメインのプレート。チキンのお料理なんですが
     量が多いんです~
     大食いのわたしでもこの後ずっと毎回あまりの量の多さに
     困ってしまいました。
     このほかにも大盛りのサラダと大きなケーキがついていました。
     でも、イギリスってランチのセットにケーキはついてるのに
     なぜか飲み物はついてないんです。
     なので紅茶は追加でオーダーしました。
     このお店は紅茶1杯1.5ポンド(約220円)でした。
     
     お料理のお味はなかなかよかったですよ~
     前回イギリスに行った時より全体に美味しくなってる気がしました。



f0063729_15161131.jpg

     ↑ こんなお店を発見!


f0063729_15164020.jpg

     


ライはアンティークのお店が多く、ゆっくり買い物したかったのですが
自由時間がなかったので1軒しか入れなくって残念~!
添乗員さんに「この街、アンティークショップが多いから‥」と
言ってみましたが、
「また個人でゆっくりきてください」ときっぱり言われてしまいました。
くそ~。必ずまた来てやるっっ!


そして、またまたバスに乗り、今度はドーヴァー海峡のセブンシスターズに
やってきました。
セブンシスターズは切り立った白亜の断崖の絶景ポイント!


f0063729_14172585.jpg



f0063729_14175587.jpg


草原が、ぶちっと切れて突然断崖絶壁という、かなり危険なところでもあります。



晴れると対岸のフランスのカレーの町がみえるということだったのですが‥

f0063729_15222354.jpg


小雨まじりの曇り空。
当然フランス側は見えませんでした。

とにかく死ぬかと思うほど寒くて強風‥
こんなところで1時間も自由時間とられてもどうしようもないやん‥
なんでライでもっとゆっくりさせてくれへんかったんや~


ということで次回に続きま~す♪


    ***************************



f0063729_17211223.jpg



f0063729_17212643.jpg



    うううっ、返す言葉もございません‥


  ♪ ごらんいただきましてありがとうございました ♪
[PR]
by pastel-ko | 2009-04-08 14:53 | 旅行
 
『にゃんカフェBBS』


皆様お待たせしました!
(別に待ってなかったって?)

3月22日、娘と私は関西国際空港からイギリスへと
旅立ちました。
といっても、ツアーなので参加者14人プラス添乗員のUさんと15名で
ぞろぞろと‥
と思っていたんですが、今のツアーって結構自由なんですね。
自分でチェックインして飛行機の席を取り、飛行機に乗り込むのも勝手に
乗って、添乗員さんが参加者がちゃんと席に座っているか確認する程度なんです。

ちなみに15年間続いた関西国際空港からロンドンへの直行便(JAL)は
3月28日でなくなるので、乗り継ぎなしでいくラストチャンスでした。


f0063729_1313443.jpg



で、飛行機に乗りいよいよ離陸~!
映画をまず1本みて、機内食♪
なんせ朝3時起きで家を早朝5時出発だったので眠い!
でもいつもはすぐ熟睡するわたしですがなんでか寝られない。
そうだ、お酒を飲んで寝よう、だって無料だし♪ とビールにワインを
お願いしてがんがん飲みました。

‥しかし、頭が痛くなっただけで余計眠れない‥(汗)
横で娘はすやすや眠っているというのに。
しかたがなく、もう一本映画をみよう!軽いやつを、と
「ホームレス中学生」をみたのですが、これが泣ける映画だったんです!

キャビンアテンダントのお姉さんに飲み物を聞かれても
涙声で返事‥
きっと、こいつおかしいんちゃうかと思われたわ( ̄▽ ̄;)

そんなこんなで、約12時間のフライトを終え、ヒースロー空港へ
到着!

そこからバスで一路カンタベリーへ。
その晩はなんだかこじんまりとした妙に小規模なホテルに
泊まったのでした。
外から見たらあまりに小さくしょぼいホテルだったので
愕然としたのですが、お部屋ひとつひとつはモダンに改装してあり
清潔でよかったわ。
外見のままだったら、もう帰ろうかと思ったぐらいですよ~

そこで、アホほど寝て(13時間ぐらい寝たかも)
翌朝カンタベリーの街の観光へと出発!


カンタベリーはイングランド南東部ケント州の町です。
イギリス国教会の総本山のカンタベリー大聖堂があり、
聖地として多くの巡礼者が訪れるところですにゃ。(←!?)

f0063729_13243463.jpg

        ↑ カンタベリーの町並み

     町全体が城郭に囲まれていてとにかく歴史を感じさせる街並み。
     どこもかしこも絵になる感じです。


f0063729_1324461.jpg

      ↑ 写真を撮りすぎてこれが何の建物だったか忘れました(汗)


f0063729_13233581.jpg

      ↑ 気温はやはりものすごく低く、寒い~!
        



f0063729_13253445.jpg

      ↑ さすがイギリス、こんなに寒い時期でもお花がきれいに
        植えられていました


f0063729_13254868.jpg

         ↑ カンタベリー大聖堂


f0063729_141503.jpg

          ↑ 大聖堂の内部


f0063729_14152216.jpg

          ↑ 大聖堂の壁面



カンタベリーは国中から多くの人が訪れる街ということでは日本では
伊勢神宮のような感じでしょうか。

ここの教会の中の売店で今回初の買い物をしようとレジに行くと
なんかお店のお姉さんが英語でしゃべりはじめて(当たり前だ)
一生懸命聞き取るとどうも
「今からお祈りの時間なので販売を中止する。2分待って。」
と言ってるようでした。
もう、どきどきで買いもんしてるのに、びびらさんといて~(汗)

それと、イギリスの硬貨は種類が多くてとにかく分かりづらい!
ポンドの硬貨もあればペンスの硬貨もあり、大きいからといって
高額なわけでもない!
そのうえ twenty などと、数字がものすごく小さなアルファベットでかかれているので
老眼がすすみつつあるわたしにはまったく見えないんです(涙)

ま、この後も硬貨には悩まされ続けました‥

とにかく次回に続きます♪

ごらんいただき、ありがとうございましたm(_)m
[PR]
by pastel-ko | 2009-04-04 13:43 | 旅行